Go to Contents Go to Navigation

韓国女優クララさん セクハラ受けたと事務所を提訴

記事一覧 2015.01.15 11:27

【ソウル聯合ニュース】韓国の女優、クララさんが所属事務所の会長からセクハラを受けたとして、事務所を相手取り専属契約の無効を訴え提訴していたことが15日、分かった。

 法曹界によると、クララさんと父親は昨年12月23日、所属事務所に対し「契約効力の不存在確認」に関する訴訟をソウル中央地裁に申し立てた。

 クララさんは昨年6月に所属事務所と2018年までの専属契約を結んでいる。

 だが、所属事務所の会長が性的な内容を含むメッセージを繰り返し送りつけたため、昨年9月に契約解除を通知した上で、これ以上、契約効力はないと主張した。

 事務所側は、聯合ニュースの取材に対し「独断的な活動を是正するよう内容証明を先に送った」と明らかにした。また、その後クララさん側が会長からセクハラ行為を受けたと主張し契約解除を求める内容証明を送ってきたため、昨年10月に脅迫の疑いで告訴したと説明した。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。