Go to Contents Go to Navigation

日本水産物禁輸 「早期解除の方向で」検討を=韓国当局者

記事一覧 2015.01.15 15:13

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部当局者は15日、記者団に対し、東京電力福島第1原発事故を受けた福島など8県の水産物の輸入禁止措置に関連し、「早期に解除する方向で、政府間で意見を近づけるべき」との考えを示した。

 同当局者は禁輸措置について「法的根拠が弱い措置のため韓国の専門家らが調査している」と説明した。

 韓国政府は日本で現在実施中の専門家調査委員会による調査を基に禁輸措置を維持するか緩和するかなどを決める方針だ。

 同当局者はまた、日米などが参加する環太平洋連携協定(TPP)交渉に関連し、韓日自由貿易協定(FTA)=日本側名称:日韓経済連携協定(EPA)=が締結されていないため、韓国がTPPに参加すれば「事実上日本とFTAを締結するのと同じ効果がある」と指摘。「日本がある程度協力してくれるかが鍵」との考えを示した。

 また、韓日FTA交渉が中断した最大の理由は日本が農産物市場を開放しないためだとして、TPPに日本が加入すれば牛肉など5品目を除くほぼ全てで開放する必要があるため、韓国もTPPに加入すればその恩恵を受けられると説明した。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。