Go to Contents Go to Navigation

歌手キム・ジャンフンを略式起訴 機内で喫煙=韓国検察

記事一覧 2015.01.20 14:52

【仁川聯合ニュース】韓国・仁川地検は20日、旅客機内で喫煙したとして、歌手のキム・ジャンフンさんを19日に航空保安法違反の罪で罰金100万ウォン(約11万円)の略式起訴処分としたことを明らかにした。

 キムさんは先月15日、フランス・パリから仁川へ向かう大韓航空便の化粧室でたばこを吸ったとされる。煙で警告ランプが点灯したため、客室乗務員が駆けつけてやめさせた。

 大韓航空側は仁川国際空港に到着後、警察にキムさんの身柄を引き渡した。キムさんは事情聴取に対し「公演がキャンセルになり、ストレスを抱えていた。パニック障害で不安になり、たばこを吸った」と供述した。

 検察は、初犯であること、乗務員に制止されてすぐに謝罪したことなどを考慮し、略式起訴処分とした。

stomo@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。