Go to Contents Go to Navigation

日本水産物の禁輸解除に反対「屈辱外交やめろ」=韓国団体

記事一覧 2015.01.21 14:56

【ソウル聯合ニュース】韓国の「環境運動連合」など34団体は21日、ソウル市内で記者会見を開き、韓国外交部当局者が東京電力福島第1原発事故を受けた日本水産物の輸入禁止措置の解除に前向きな考えを示したことについて、「国民の健康権を無視した屈辱外交」と批判し、解除をめぐる協議を中止するよう主張した。

 団体側は外交部が禁輸措置解除を国交正常化50年に合わせた韓日関係改善のための外交カードにしていると指摘し、「無能な外交でだめになった韓日関係回復のために国民の健康権を差し出す屈辱外交をやめろ」と主張した。

 韓国外交部当局者は先ごろ、原発事故を受けた福島など8県の水産物の輸入禁止措置に関連し、「早期に解除する方向で、政府間で意見を近づけるべき」との考えを示した。韓国政府は日本で今月実施した専門家調査委員会による調査を基に禁輸措置を維持するか緩和するかなどを決める方針とされる。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。