Go to Contents Go to Navigation

戦後70年の安倍談話に「反省」必要=韓国政府

記事一覧 2015.01.27 16:25

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は27日、安倍晋三首相が8月にも発表する戦後70年の首相談話に過去を反省する文言が盛り込まれるべきだとの姿勢を示した。

 安倍首相は先ごろNHKの番組で、首相談話について「今まで重ねてきた文言を使うかどうかではなく、安倍政権としてどう考えているのかという観点で出したい」と述べ、戦後50年の「村山談話」の表現を変更する可能性に言及した。

 韓国外交部の魯光鎰(ノ・グァンイル)報道官は同日の定例会見で、村山談話と戦後60年の「小泉談話」に盛り込まれた植民地支配と侵略への「おわび」「反省」という言葉が安倍首相の談話にも必要かと問われ、「村山談話や小泉談話など歴代内閣の談話に使われた文言が一つ一つ、どんな歴史的意味を持っているかは日本政府が最もよく知っているだろう」と述べた。

 その上で「戦後70年の(安倍)首相談話から過去の談話の中核となる文言をなくしてしまえば、国際社会や周辺国がどんな反応を示すか、日本政府は歴史を直視してよく考えるべきだ」と強調した。

 さらに、日本政府は昨年、慰安婦問題への旧日本軍の関与を認め、謝罪した「河野談話」を「検証」という名の下で骨抜きにしようとしたと指摘。日本政府に対し「ドイツの政治家らが一貫して示してきた過去へのざんげと反省から教訓を得てほしい」と促した。

stomo@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。