Go to Contents Go to Navigation

第5回韓日知事会議 自治体交流の活性化で一致

記事一覧 2015.01.30 19:32

【東京聯合ニュース】韓国の全国市・道知事協議会と日本の全国知事会は30日、東京都内の都道府県会館で第5回韓日知事会議を開き、韓日国交正常化50周年を迎え地方自治体間の交流を活性化することで一致した。

 会議には、韓国側から全国市・道知事協議会長を務める李始鍾(イ・シジョン)忠清北道知事ら3知事と3市長が、日本側は全国知事会長の山田啓二京都府知事、東京都と5県の代表者が出席した。

 双方は、両国が経済、文化など多くの面で深い関係を持つ隣国であり、東アジアの安定と繁栄に向け緊密に協力する必要があるとして、自治体間の交流が非常に重要だとする共同宣言文を発表した。

 宣言文は、国交正常化50周年を迎え、自治体間の緊密な関係の強化が両国国民の利益となり、新たな韓日関係の構築に役立つとした。

 双方は、経済、観光、文化の3分野で両国の自治体が意味ある交流を行っていると評価し、さらに交流を深めていくことで一致した。

 同会議は1999年に東京で初めて開催され、02年から08年までは隔年で双方が持ち回りで開催してきた。日本の独島領有権主張により08年を最後に途絶えていたが今回7年ぶりに開催された。次回会議については、17年の韓国開催に向けて努力することで合意した。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。