Go to Contents Go to Navigation

「地キムチ」を日本に輸出 アジア攻略も強化=韓国・光州市

記事一覧 2015.02.03 17:37

【光州聯合ニュース】韓国・光州市は3日、同市のキムチ共同ブランド「キムチ光」の白菜キムチとネギキムチ3.8トン、3200万ウォン(約340万円)分を日本に輸出したと発表した。

 キムチの輸出は昨年の光州世界キムチ文化祭りの期間中に5カ国と結んだ合計200トンの輸出契約によるもので、今年に入り3回目。先月は、日本に4.5トン(3200万ウォン相当)、ベトナムに2.5トン(1600万ウォン相当)を輸出した。

 今年は前年比150%増の27トン、1億8000万ウォンの輸出目標を掲げ、持続的な市場の管理とマーケティングを展開する計画だ。輸出量を徐々に増やすほか、高級食材を使ったキムチで市場開拓も進める方針だ。

 同市関係者は「東南アジアを中心に安価な中国産キムチが多く消費されているが、光州産キムチの知名度が上昇したことで需要も増え続けている。香港などアジア市場攻略を集中的に行っている」と話している。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。