Go to Contents Go to Navigation

韓国外交部次官 6日に慰安婦被害者施設訪問

記事一覧 2015.02.04 18:18

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部は4日、趙兌烈(チョ・テヨル)第2次官が旧正月(今年は2月19日)を迎え、6日に旧日本軍の慰安婦被害者が共同生活を送るソウル近郊の施設「ナヌムの家」(京畿道広州市)を訪れると明らかにした。

 昨年1月には尹炳世(ユン・ビョンセ)長官が外交部長官としては初めて、同施設を訪問した。同年9月には趙太庸(チョ・テヨン)第1次官が秋夕(中秋節)を控え、別の慰安婦被害者施設「ウリチプ(わたしたちの家)」(ソウル市麻浦区)を訪れた。

 韓国と日本は昨年4月から慰安婦問題などを話し合う局長級協議を6回行っているが、具体的な進展はみられていない。趙次官が慰安婦施設を訪れることで、同問題に対する日本政府の態度変化を迫る狙いもあるとみられる。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。