Go to Contents Go to Navigation

米国務副長官が8日から韓国訪問 懸案協議

記事一覧 2015.02.05 10:58

【ワシントン聯合ニュース】米国務省は4日(現地時間)、プリンケン国務副長官が来週、韓国、中国、日本を訪問すると発表した。

 オバマ大統領側近のブリンケン氏が副長官就任後初の訪問国として北東アジア3カ国を選択したのは、オバマ政権のアジア重視政策が揺るぎないことを示す意図があるとみられる。

 ブリンケン氏は8~10日の日程で訪韓する。9日に外交部の趙太庸(チョ・テヨン)第1次官と会談するほか、政府関係者や民間の専門家とも会い、韓米同盟の発展策、朝鮮半島や北東アジアの情勢、グローバルパートナーシップなど懸案を協議する見通しだ。

 ブリンケン氏は10~12日に中国を、12日~14日に日本をそれぞれ訪問する。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。