Go to Contents Go to Navigation

韓国のLS産電 日本最大のメガソーラー完工

記事一覧 2015.02.08 11:09

【ソウル聯合ニュース】韓国のLS産電は8日、日本から受注した4万キロワット級の大規模太陽光発電所(メガソーラー)を19カ月ぶりに完工したと発表した。同発電所は日本で稼働されている太陽光発電所のうち最大規模という。

 LS産電は、2013年にジャパン・リニューアブル・エナジー(JRE)から受注した茨城県水戸市の太陽光発電所「水戸ニュータウン・メガソーラーパーク」の工事を完了した。同発電所は5日に営業運転を開始した。

 JREは米金融大手ゴールドマン・サックス・グループが日本の再生可能エネルギー市場進出に向け設立した再生可能エネルギー事業の運営会社。

 水戸ニュータウンメガソーラーパークは50万平方メートルの敷地に3万9210キロワット(15万6840枚)の太陽電池モジュールや電力開閉装置、変圧器など関連装備を備えている。発電容量は3万キロワットで日本で最大規模。

namsh@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。