Go to Contents Go to Navigation

韓国最大野党 新代表に文在寅氏=盧元大統領側近

記事一覧 2015.02.08 18:26
新政治民主連合 党代表選実施

【ソウル聯合ニュース】韓国最大野党の新政治民主連合は8日、ソウル市内で全国代議員大会を開き、新代表に文在寅(ムン・ジェイン)国会議員(62)を選出した。文氏は盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権で大統領秘書室長などを務め、党公認候補として2012年の大統領選に出馬したが、与党セヌリ党の朴槿恵(パク・クネ)候補に敗北した。

 代表選には3人が立候補。文氏と金大中(キム・デジュン)元大統領の側近、朴智元(パク・ジウォン)国会議員が接戦を繰り広げた。文氏は「党の変化が始まる。民主主義と庶民経済を破たんさせると、朴政権と全面戦を始める」との姿勢を示した。

与党の新院内代表に劉氏

 代表選をめぐっては、党内の最大勢力である親盧武鉉派と非盧武鉉派の対立などが再燃した。来年の総選挙に向け、党内をまとめることが急務となる。革新系の新党結成や野党合併の動きもあり、支持者離れを食い止めることも求められ、新執行部は党運営で難しいかじ取りを迫られそうだ。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。