Go to Contents Go to Navigation

サムスンとLG 世界テレビ市場で計4割近くのシェア

記事一覧 2015.02.10 10:26
サムスンの映像技術を総結集
サムスンの映像技術を総結集

サムスン電子は今年の戦略製品「SUHDテレビ」の発売を開始した。同製品は「量子ドット」と呼ばれる微粒子を使って色再現率100%を実現。次世代の4Kテレビと言われる(同社提供)=5日、ソウル(聯合ニュース)
(END)

【ソウル聯合ニュース】昨年の全世界での液晶テレビ出荷台数は、2億1520万台で前年比5.5%増加した。メーカー別シェアでは、サムスン電子が前年より1.8ポイント増の22.8%となり、9年連続トップに立った。同じ韓国勢のLG電子は1.2ポイント増の14.9%で2位。市場調査会社のウィッツビューが10日までに明らかにした。

 液晶テレビは、世界のテレビ市場で95%以上を占める。

サムスン 次世代4Kテレビを初公開
サムスン 次世代4Kテレビを初公開

サムスン電子は米ラスベガスで開幕した家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」で、次世代の4Kテレビ「SUHDテレビ」を初公開した。基本ソフト(OS)は独自に開発した「タイゼン」を採用。「量子ドット」と呼ばれる微粒子を使って色再現率100%を実現した新型ディスプレーを搭載した=7日、ラスベガス(聯合ニュース)
(END)

 韓国2社のシェアは計37.7%に達し、ライバルの日本や中国メーカーに圧倒的な差をつけた。

 2013年に6.4%で4位だったソニーは、昨年6.8%にシェアを拡大し3位に上昇した。

「量子ドットテレビ」で勝負
「量子ドットテレビ」で勝負

米ラスベガスで6日に開幕する世界最大の家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」で、サムスン電子は2600平方メートルの展示ブースを設け、最新機器を紹介する。展示ブース入り口には量子ドットディスプレーを搭載した「SUHDテレビ」が多数展示されている。量子ドットテレビは製造コストが高止まりする有機EL製品の代替として期待されている(同社提供)=5日、ラスベガス(聯合ニュース)
(END)

 4位は中国のTCL集団で6.1%となった。前年の7.0%よりシェアを減らし、3位から1ランク後退した。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。