Go to Contents Go to Navigation

サムスンとMS 特許使用料めぐる訴訟取り下げ

記事一覧 2015.02.10 10:34

【ソウル聯合ニュース】米マイクロソフト(MS)は9日(現地時間)、同社の公式ブログで、サムスン電子との特許関連の訴訟を終了すると発表した。

 スマートフォンの特許使用料をめぐりMSから訴えられたサムスン側は国際商業会議所の国際仲裁裁判所に仲裁を申し立てるなど、訴訟合戦になっていた。

 サムスンは2011年9月に特許使用料に関する契約を結び、支払いを続けてきたが、MSが13年9月にサムスンの競合社だったフィンランドの携帯電話機大手ノキアを買収すると発表したため、サムスンは契約違反を主張し特許使用料の支払いを一時中断した。

 MSは支払いが遅れた特許使用料約10億ドル(現在のレートで約1184億円)の利息分690万ドルの支払いを求めていた。

 サムスン側は「MSとの特許使用料をめぐる訴訟に関し合意に至り、訴訟を全て取り下げることにした」と説明。ただ、合意の内容については「非公開にすることにしたため、明らかにできる内容はない」とした。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。