Go to Contents Go to Navigation

世界DRAM市場 韓国2社のシェアが初めて70%超え

記事一覧 2015.02.12 09:02

【ソウル聯合ニュース】半導体DRAM(記憶保持動作が必要な随時書き込み読み出しメモリー)市場で韓国勢のシェアが初めて70%に達した。

 半導体関連情報サイトのDRAMエクスチェンジは12日までに、2014年10~12月期のDRAM市場で韓国のサムスン電子とSKハイニックスの世界トップ2社のシェアを計70.4%と集計した。同年7~9月期(69.7%)を上回り、過去最高を記録した。

 サムスン電子のシェアは41.4%と前期から0.3ポイント下がったものの、首位をキープした。SKハイニックスは1.2ポイント上昇の27.7%で、韓国勢のシェアを押し上げた。この2社の合計は70%を切るが、DRAMは韓国、米国、台湾勢の寡占市場で、これら国・地域だけで調整したシェアは70.4%となる。

 3位の米マイクロン・テクノロジーは24.0%で、SKハイニックスとの差は3.7ポイントに広がった。4~5位は台湾勢で、南亜科技が3.1%、ウィンボンド・エレクトロニクスが1.3%。

 DRAMエクスチェンジは、サムスン電子が半導体プロセスの微細化で大きくリードし、47%の営業利益率を上げたと分析した。SKハイニックスは全体的な歩留まり向上と微細化の進展により、42%の営業利益率だった。

 DRAM市場全体としてみると、メモリーの契約価格が堅調に推移し、8.2%の比較的高い伸びを示した。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。