Go to Contents Go to Navigation

韓国政府 岸田外相の領有権主張を強く批判

記事一覧 2015.02.12 17:35

【ソウル聯合ニュース】岸田文雄外相が12日の外交演説で独島の領有権を主張したことを受け、韓国政府は外交部報道官論評を出し、「歴史に逆行する行為」と強く批判した。

 論評は「岸田外相が独島に関する不当な主張をあらためて提起したのは、日本政府が過去の帝国主義の時代に朝鮮半島を侵略した歴史をいまだ反省していないことを如実に示す」と非難した。

 また、韓日関係の新しい未来に向け努力していくべき時期に、歴史に逆行する行為を繰り返すことは時代の要求に背くと指摘。韓国政府は韓国固有の領土である独島に対する日本のいかなる挑発に対しても、断固とした対応を取ると強調した。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。