Go to Contents Go to Navigation

韓日 通貨交換協定の延長を協議中

記事一覧 2015.02.12 19:36

【世宗聯合ニュース】緊急時に外貨を融通し合う韓国と日本の通貨交換(スワップ)協定で、23日に期限を迎える100億ドル(約1兆1969億円)分の協定について、両国が延長を協議中であることが分かった。韓国金融市場関係者が12日、明らかにした。今週にも結論が出る見通し。

 延長されなかった場合、両国のスワップ協定は途絶えることになる。2001年7月に20億ドルから始まった両国のスワップ協定は05年50億ドル、06年130億ドル、08年300億ドル、11年700億ドルと拡大を続けた。だが、両国の関係が冷え込み、スワップ規模は12年には130億ドルに減少。13年には30億ドル分の協定を延長せず、現在100億ドル分だけが残っている。

 金融市場関係者は両国関係の特殊性を勘案すると、政治・外交の問題を完全に排除することはできないものの、金融市場の安定や金融協力など、状況に合わせて協議を進めるとの見通しを示した。 

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。