Go to Contents Go to Navigation

韓国市民団体 「竹島の日」を前に日本を糾弾

記事一覧 2015.02.13 17:22

【ソウル聯合ニュース】島根県が定めた2月22日の「竹島の日」を控え、韓国の市民団体、独島守護国際連帯が13日、ソウルの日本大使館前で日本を糾弾する記者会見を開いた。

 同団体の関係者約40人は「100年余り前に国権侵奪と野蛮行為に明け暮れた日本は今も独島領有権を主張したり、慰安婦問題で責任逃れをするなど別の野蛮行為を行っている」と非難し、日本に警告するため記者会見を開いたと述べた。

 愛国国民運動大連合も大使館前で記者会見を開き、2月14日はバレンタインデーでなく、初代韓国統監の伊藤博文を暗殺した韓国の独立運動家、安重根(アン・ジュングン)に死刑が宣告された日だとした上で、安重根をテロリストとして規定した日本に対し怒りを示すべきだと主張した。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。