Go to Contents Go to Navigation

韓国の忠清南道 日本の農産品市場攻略

記事一覧 2015.02.15 10:53

【洪城聯合ニュース】韓国中部の忠清南道は15日、東京ビッグサイトで開催された「第49回スーパーマーケット・トレードショー2015」に道内の6企業・機関が参加し、550万ドル(約6億5000万円)の商談をまとめたと発表した。

 道内の企業が日本企業とキャベツなど野菜の輸出契約を締結したほか、農協中央会の忠清南道地域本部が唐辛子粉の輸出に暫定合意し日程などを調整しているという。

 忠清南道関係者は「円安や日本内の韓国に対する否定的なムードで輸出が厳しい面もあるが、日本は依然、韓国にとって最大の農産品輸出市場。展示会への参加を契機に、農産物の輸出拡大が可能になるとみている」と述べた。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。