Go to Contents Go to Navigation

サムスン携帯の世界シェア4.4P低下 DRAMは4割超

記事一覧 2015.02.15 11:41

【ソウル聯合ニュース】サムスン電子は昨年、主要4大製品のうち携帯電話の世界シェアを落としたものの、半導体DRAM(記憶保持動作が必要な随時書き込み読み出しメモリー)はシェアを伸ばしたことが15日、分かった。

 韓国の金融監督院電子公示システムによると、昨年のサムスン電子のテレビ世界シェアは22.8%で、前年を1.2ポイント上回った。9年連続世界シェア1位を記録し、薄型テレビ、液晶テレビでともに首位を占めた。

 昨年のDRAMの世界シェアは41.5%で前年より5.3ポイント拡大した。40%突破は2012年(41.0%)以来。回路の線幅を20ナノ(ナノは10億分の1)メートル台に微細加工した製品や、立体NAND型フラッシュメモリーの高い技術力がけん引した。

 また、ディスプレーパネルの世界シェアは21.7%で、前年より1.3ポイント拡大したが、12年(25.4%)よりも縮小した。

 一方、サムスン電子の業績減速の最大要因である携帯電話はシェア22.4%で、前年(26.8%)より4.4ポイント低下した。12年(25.1%)よりも低かった。

 同社は来月に主力スマートフォンの新製品「ギャラクシーS6」を発売するほか、中低価格市場に向けに「ギャラクシーA」などの新製品を相次ぎ発売することでシェア拡大を狙う。

 サムスン電子は携帯電話のシェアを落としたものの、3年連続で4大主力製品全てでシェア20%以上を達成した。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。