Go to Contents Go to Navigation

韓日通貨交換 23日に終了=100億ドル分延長せず

記事一覧 2015.02.16 17:41

【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)は16日、緊急時に外貨を融通し合う韓国と日本の通貨交換(スワップ)協定で、23日に期限を迎える100億ドル(約1兆1800億円)分を延長しないことにしたと発表した。

 一時は700億ドルに拡大した両国のスワップ協定の規模は次第に縮小し、今回の期限切れに伴う終了で融通枠はなくなることになる。

 韓日当局は同日、スワップ協定を23日の期限切れとともに終了し、第6回韓日財務対話を5月23日に東京で開催することで合意した。今後も必要な協力を続けることでも合意した。

 韓日は2001年7月、20億ドルのスワップ協定を締結。11年10月の両国首脳会談で融通枠は700億ドルへと拡大された。12年8月の李明博(イ・ミョンバク)大統領(当時)の独島訪問を機に両国関係が冷え込み、同年10月と13年7月にそれぞれ期限を迎えた570億ドル分と30億ドル分は延長せず終了し、多国間通貨交換協定「チェンマイ・イニシアチブ(CMI)」に基づく100億ドル分が残っていた。

 今回期限を迎える100億ドル分についても、両国の外交関係悪化の影響で延長されないとの見方が強まっていた。

 また、韓国も日本もスワップ協定が切実に必要な状況ではないことも協定終了につながった。

 韓国の場合、1月末の外貨準備高が3621億9000万ドルで、リーマン・ショック時に比べ増加し、昨年の経常収支は894億2000万ドルの黒字を記録した。

 日本は、円が国際通貨である上、最近も円安が進み、両国間のスワップを通じた円安効果の魅力も薄れている。

 このため、両国間のスワップ協定が終了しても、国内外の金融市場に与える影響は限定的だと予想される。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。