Go to Contents Go to Navigation

サムスン電子 全社員の賃金凍結=6年ぶり

記事一覧 2015.02.26 15:35

【ソウル聯合ニュース】昨年は業績悪化で苦戦したサムスン電子が6年ぶりに全社員の賃金を凍結することが26日、分かった。

 同社の労使協議会は先ごろ、今年は賃上げしないことで合意した。同社が社員の賃金を凍結したのは2009年以来となる。

 今年は、世界的企業との競争激化や後発企業の躍進など経営環境が楽観できない危機状況にあるとの判断が反映された。

 同社関係者は「労使は、予測できない経済状況を突破するため内部の競争力から強化しなければならないとの意見で一致した」と説明した。

 これに先立ち、サムスングループは2000人を超える全系列会社の役員の給与を凍結する方針を決めた。ただ、年間業績に基づき支給される成果インセンティブは凍結対象に含まれていない。

 サムスングループはリーマン・ショック後の2009年2月に全社員の賃金を凍結した。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。