Go to Contents Go to Navigation

再び乱射事件起こり4人死亡 当局が銃管理強化へ=韓国

記事一覧 2015.02.27 16:54

【華城聯合ニュース】ソウル近郊の京畿道華城市で27日午前9時半ごろ、男(75)が猟銃を乱射して兄夫婦(ともに80代)と出動した派出所長の3人を殺害し、自殺する事件があった。韓国では25日に中部の世宗市で50代の男が猟銃で3人を殺害し自殺した事件が発生したばかりで、警察当局は銃器管理の強化対策を発表した。

 事件があったのは華城市内の2階建て住宅で、警察関係者によると、男は頻繁に兄の自宅を訪れ、「金をよこせ」と騒いだという。住宅前に止まっていた車からは遺書が見つかり、兄への強い恨みなどが書かれていたという。

 韓国で銃器は警察が預かることになっており、男はこの日の朝、預けていた猟銃1丁を派出所から受け取り、犯行に及んだことが分かった。猟銃の持ち出しが可能な狩猟期間で、特に変わった様子はなかったという。

 警察庁は乱射事件が相次いで発生したことを受け、銃器所持の許可条件を厳しくするなど、管理を大幅に強化することにした。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。