Go to Contents Go to Navigation

米国務次官の歴史問題発言 「厳重に取り扱う」=韓国

記事一覧 2015.03.02 17:27

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の趙太庸(チョ・テヨン)第1次官は2日、国会の外交統一委員会に出席し、シャーマン米国務次官(政治担当)が歴史問題をめぐる韓国・中国と日本の対立は3カ国とも責任があるという趣旨の発言をしたことについて、「外交部では発言を軽くみていない。厳重にこの問題を取り扱う」と述べた。

 ただ、「米側から(歴史認識問題について)過去に表明した立場と変化がないことを確認した」として、「具体的な米国の立場については(近く)意見を交わす計画」と説明した。

 趙氏は「米国も歴史問題について正しい認識を持っているため、一方的に日本の肩を持つことはないと思う」と強調した。

 シャーマン氏は先月27日、ワシントンで行われたセミナーで講演し、「(北東アジアで)民族感情は依然として利用されている。政治指導者が過去の敵を非難することで安っぽい拍手を浴びることは難しくない」と発言。「だが、このような挑発は進展ではなく(感覚が)まひするだけだ」と指摘した。この発言は、日本の歴史歪曲(わいきょく)の動きを批判する韓国と中国に向けられたものと受け取られ、韓国内で波紋を呼んでいる。

 同委員会所属の与野党議員らは政府に対し、積極的な対応を求めた。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。