Go to Contents Go to Navigation

韓国がウエハー処理能力で世界一 台湾や日本上回る

記事一覧 2015.03.10 10:36

【ソウル聯合ニュース】半導体製造能力を意味するウエハー処理能力で、韓国が台湾を僅差で抑え世界1位になったことが10日分かった。

 米市場調査会社のICインサイツによると、韓国の月間ウエハー処理能力(200ミリウエハー換算)は昨年12月現在、世界全体の21.1%を占め、2位の台湾(19.4%)を1.7ポイント上回った。次いで、日本が18.3%、北米が15.1%、中国が9.2%などの順となった。

 2010年12月時点の調査では、日本が22.0%で1位、台湾(21.5%)が2位、韓国(15.2%)が3位だった。

 ICインサイツはアジア4カ国・地域のシェアの合計が70%に迫っており、中でも韓中台のシェアは今後5年間でさらに拡大するとの見通しを示した。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。