Go to Contents Go to Navigation

サムスン「ギャラクシーギア」は無線通信機器=世界税関機構

記事一覧 2015.03.17 11:46
サムスン ウェアラブル端末「ギアS」発売へ

【世宗聯合ニュース】世界税関機構(WCO)がベルギーで16日(現地時間)に開催したHS委員会(HSC)で、韓国・サムスン電子のウェアラブル端末「ギャラクシーギア」を関税の高い「時計」ではなく「無線通信機器」に分類することを決定した。韓国の企画財政部と関税庁が17日、明らかにした。

 HS委員会は国際的に見解の相違がある個別商品の品目分類(HSコード)を決定する活動などを行っている。この品目分類によって関税が決まることになる。

 ギャラクシーギアの場合、韓国や米国、日本などが無線通信機器と見なす一方、インドやトルコ、タイなどは時計だと主張してきた。無線通信機器についてはほとんどの国が関税率をゼロとするが、時計に対してはインドやトルコ、タイなどが4~10%の比較的高い税率を適用している。

 韓国政府は昨年9月、ギャラクシーギアを品目分類の案件としてWCOに上程しており、HS委員会が無線通信機器への分類を決めた。

サムスン 新腕時計型端末公開

 今年5月末までにWCO加盟国の異議申し立てがなければ分類が確定し、HS委員会は加盟国にギャラクシーギアを無線通信機器に分類するよう勧告する。HS委員会の決定事項に法的な拘束力はないが、加盟国は実質的に従うことになる。

 これにより、サムスン電子のギャラクシーギア輸出の関税負担が、2014年基準で約1300万ドル(約15億8000万円)軽減すると見込まれる。

 企画財政部の関係者は「今回の決定により、ギャラクシーギアのようなほかのスマートウオッチも無線通信機器に分類され、低い関税率が適用される可能性が高まった」と説明した。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。