Go to Contents Go to Navigation

安倍氏の米議会演説 韓国政府が「歴史省察」求める

記事一覧 2015.03.24 16:20

【ソウル聯合ニュース】安倍晋三首相が4月に訪米する際、米議会の上下両院合同会議で演説することについて、韓国政府は24日、「過去の歴史に対する真摯(しんし)な省察を示すべき」と求めた。

 外交部の魯光鎰(ノ・グァンイル)報道官は同日の定例会見で、「わが政府としては今年終戦70年と韓日国交正常化50周年を迎えることを踏まえ、日本政府がこれまで繰り返し公言してきた通り、歴代内閣の歴史認識をそのまま継承し歴史問題に対する真摯な省察を見せることを期待する」と述べた。

 安倍首相は4月26日からの訪米時に日本の首相として初めて米上下両院合同会議で演説する。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。