Go to Contents Go to Navigation

現代・起亜への納品で談合 韓日メーカーに課徴金=韓国

記事一覧 2015.03.26 15:02

【世宗聯合ニュース】韓国公正取引委員会は26日までに、現代自動車と傘下の起亜自動車に納品するエンジン用排気温度センサー、点火コイル、点火プラグをめぐり応札価格や落札予定会社などを談合したとして、韓国と日本の部品メーカー計5社に対し、是正命令を出すとともに総額35億ウォン(約3億8000万円)の課徴金を科すことを決めた。

 2008年に発注された現代・起亜の排気温度センサーの入札をめぐる談合と関連し、日本のデンソーと日本特殊陶業にそれぞれ5億2300万ウォン、9億1600万ウォンの課徴金納付を命じる。

 また、10~11年に発注された点火コイルの入札2件で談合したとして、デンソー子会社のデンソーコリアオートモーティブに8億3700万ウォン、韓国のユラテックに4億1800万ウォンの課徴金を科す。

 08~10年に行われた点火プラグの談合3件に対しては、韓国のウジン工業に5億9700万ウォン、ユラテックに2億1100万ウォンの課徴金を科す。

stomo@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。