Go to Contents Go to Navigation

日本「歴史言及は不可避」と認識 韓国首脳初の国賓訪問時

記事一覧 2015.03.30 06:00

【ソウル聯合ニュース】韓国首脳の初の日本への国賓訪問が実現した1984年、日本政府は天皇が歴史に対する反省を示さなければならないと判断していたことが30日、韓国外交部が公開した外交文書で明らかになった。

 韓国外交部は作成されてから30年以上になる外交文書について、審議を経て公開している。今回公開された文書は計約26万枚で、主に1984年に作成されたものだ。

 外交文書によると、韓国政府は1984年初めに当時の全斗煥(チョン・ドゥファン)大統領が韓国首脳として初めて日本を国賓訪問する計画を立てた。1983年には日本首相として初めて、中曽根康弘首相が韓国を公式訪問した。

 両国は全氏の9月の訪日日程を確定し、議題の調整に入った。争点は過去の植民支配に象徴的な責任がある天皇が歴史問題について言及するかどうかだった。韓国側は国民世論などを勘案し、歴史を反省する発言がなければならず、発言も晩さん会での演説など公式な形で行うよう求めた。

 日本側も当時は歴史に関する言及は不可避との立場を示した。ただ、発言の内容は外交交渉の対象ではないとし、韓国側も毅然(きぜん)と対応するとの方針を持っていたため、内容をめぐる別途交渉は行わなかった。

 天皇は1984年9月6日、全氏が出席した晩さん会で、「今世紀の一時期において、不幸な過去が存在したことはまことに遺憾」と述べた。

 一方、韓国政府は全氏の訪日後、朝鮮半島の緊張緩和を目指して中国とソ連が韓国、米国と日本が北朝鮮をそれぞれ承認する「クロス承認」を進めていたことが文書で確認された。日本に中国を説得してもらい、韓国との接触に応じるよう働きかける計画で、米国と日本に極秘裏に伝えたという。だが、米国が消極的な姿勢を示し、計画は進展しなかった。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。