Go to Contents Go to Navigation

「全ての法的紛争に終止符」 サムスンとLGが合意

記事一覧 2015.03.31 16:02

【ソウル聯合ニュース】韓国財閥のサムスングループとLGグループは31日、共同で報道資料を出し、サムスン電子、サムスンディスプレーとLG電子、LGディスプレーが互いに進行中の法的紛争を全て終了させることで合意したと発表した。

 双方が争っている最大の案件は、LG電子の趙成珍(チョ・ソンジン)社長が昨年9月、ドイツの家電量販店に展示されていたサムスン電子製の洗濯機を故意に壊したとしてサムスン電子が告訴し、検察が趙社長らLG電子役員3人を起訴した事件だ。この件をめぐっては、LGもサムスン側の役員らを証拠偽造や名誉毀損(きそん)などの疑いで告訴した。

 また、サムスンディスプレーとLGディスプレーが有機EL技術の流出をめぐり互いを告訴し、2件の訴訟が進められている。

 サムスンとLGは併せて「この先、事業の推進において葛藤(かっとう)や紛争が生じた場合、法的措置ではなく対話と協議により円満に解決することで合意した」と伝えた。法的紛争の終了に合意した理由については、厳しい経済状況を力を合わせて乗り切り、製品とサービスの向上に尽力するためと説明した。

 財界関係者によると、両グループは水面下で接触を続け、双方のオーナー一族が大局的な観点から紛争終結を判断したという。

stomo@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。