Go to Contents Go to Navigation

サムスン役員年俸 トップはモバイル部門社長の15億円

記事一覧 2015.03.31 18:27

【ソウル聯合ニュース】サムスン電子は31日、申宗均(シン・ジョンギュン)IM(IT・モバイル)部門社長に昨年、計145億7200万ウォン(約15億7600万円)の年俸が支払われたと発表した。給与17億2800万ウォン、賞与37億3200万ウォン、その他の勤労所得91億1300万ウォンなどで、年俸が公開された経営陣のうちトップとなった。2013年は62億1300万ウォンだった。

 同社は2013年にスマートフォンなどのモバイル部門で世界シェア1位になり、功績の大きかった申社長に特別賞与を支給した。

 2013年にサムスングループ内で最も高い合計67億7300万ウォンの年俸を受け取った権五鉉(クォン・オヒョン)副会長の昨年の年俸は93億8800万ウォンだった。

 尹富根(ユン・ブグン)CE(消費者家電)部門社長には昨年54億9600万ウォンの年俸が支払われた。2013年は50億8900万ウォンだった。李相勲(イ・サンフン)社長の年俸は2013年の37億3400万ウォンから昨年38億6400万ウォンに増加した。

 李健熙(イ・ゴンヒ)会長と李在鎔(ジェヨン)副会長は役員登記されておらず、報酬は公開されなかった。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。