Go to Contents Go to Navigation

韓国与野党 日本の教科書検定結果を非難

記事一覧 2015.04.06 17:33

【ソウル聯合ニュース】韓国の与野党は6日、韓国固有の領土、独島に対する不当な領有権主張を強化した日本の中学校教科書検定の結果に対し憂慮を示し、日本政府の自省を促した。

 与党セヌリ党の金栄宇(キム・ヨンウ)首席報道官は書面で、「日本の歴史歪曲(わいきょく)が日本の未来の世代にまで広まることは非常に遺憾だ」とした上で、「歴史を忘れた国家に未来はなく、歴史を歪曲する国家に友はいないことを肝に銘じるべきだ」と指摘した。

 最大野党、新政治民主連合の金瑛録(キム・ヨンロク)首席報道官は会見で、検定結果について「光復(日本による植民地支配からの独立)70周年、韓日国交正常化50周年の意義深い年を迎え、期待していた両国関係改善に冷や水を浴びせた」と述べた。

 また、「安倍政権が歴史歪曲と独島挑発をやめない限り、冷え込んだ韓日関係の回復は遠のく」と指摘し、韓国政府に対し厳重かつ断固たる対応を取るよう求めた。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。