Go to Contents Go to Navigation

半導体DRAM 韓国勢の世界シェア7割に迫る

記事一覧 2015.04.09 09:54

【ソウル聯合ニュース】韓国企業の半導体DRAM(記憶保持動作が必要な随時書き込み読み出しメモリー)の世界シェアが7割に迫り、過去最高を記録した。

 米調査会社IHSが9日までに発表した資料によると、昨年のDRAM世界シェアはサムスン電子が40.4%でトップ、SKハイニックスが27.4%、米マイクロン・テクノロジーが24.6%と続いた。

 サムスン電子とSKハイニックスを合わせたシェアは過去最高の67.7%に達した。韓国メーカーのシェアはこれまで2012年の65.5%が最高だった。

 昨年10~12月期の両社のシェアも70.4%と7割を突破した。

 韓国勢のシェア拡大はサムスン電子がけん引した。昨年のサムスン電子のシェアは前年より4.2ポイント上昇し、4割を超えた。

 SKハイニックスが、エルピーダを買収したマイクロン・テクノロジーを抑えたことも注目される。13年のシェアはSKハイニックスが26.8%で、マイクロンとエルピーダの合計(28.3%)をわずかに下回っていたが、昨年はSKハイニックスが2.8ポイント上回った。

 サムスン電子は回路の線幅を20ナノ(ナノは10億分の1)メートル台に微細加工した製品に注力したことで営業利益率40%台を記録。SKハイニックスは歩留まりの改善などでシェアを伸ばした。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。