Go to Contents Go to Navigation

3月の韓国ICT輸出 前年比3.4%減=携帯電話不振

記事一覧 2015.04.09 14:32

【ソウル聯合ニュース】韓国未来創造科学部は9日、3月の情報通信技術(ICT)輸出額が前年同月比3.4%減の144億6000万ドル(約1兆7400億円)だったと発表した。輸入は2.1%増の76億1000万ドルで、貿易収支は68億5000万ドルの黒字だった。

 輸出品目別では、半導体が前年同月比2.9%増の53億9000万ドル、コンピューターおよび周辺機器も27.1%増の6億8000万ドルだった。半導体はシステムLSI(高密度集積回路)が7.2%増など好調で、前年同月比で10カ月連続の増加となった。

 一方、携帯電話は10.0%減の21億5000万ドル、ディスプレーパネルは9.5%減の21億6000万ドル、デジタルテレビは30.6%減の4億4000万ドルだった。

 携帯電話は米アップルや中国・小米(シャオミ)などとの競争激化でスマートフォンの不振が続くが、サムスン電子の「ギャラクシーS6」などの発売が控えており、今後の改善が見込まれる。

 輸出先別では中国(香港含む)が1.7%増の75億1000万ドル、東南アジア諸国連合(ASEAN)が2.9%増の21億4000万ドルと、アジア向けが好調だった。米国は11.7%減の13億ドル、欧州連合(EU)は30.6%減の8億4000万ドルと、先進国での不振が目立った。

 輸入は、携帯電話が18.4%増の6億6000万ドル、半導体が5.1%増の32億ドルとなり、増加傾向が続いている。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。