Go to Contents Go to Navigation

慰安婦資料を永久保存しユネスコ登録目指す=韓国

記事一覧 2015.04.09 19:23

【ソウル聯合ニュース】韓国政府が旧日本軍慰安婦の関連資料を永久保存し、被害に関する記録物の世界記憶遺産登録を進めることが9日、分かった。

 韓国政府は同日、光復(日本による植民地支配からの解放)70年記念事業推進委員会を開き、基本計画案を審議。歴史認識と民族精神を確立するという観点から、慰安婦関連資料を体系的にまとめ永久保存することにした。資料を保管するアーカイブを構築し、白書も刊行する。特に、慰安婦被害に関する記録物は国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界記憶遺産登録を目指す。

 このほかの主要事業として、独立運動の人名事典の編さん、中国での大韓民国臨時政府庁舎開館、韓中の抗日闘争の歴史に関する特別企画展などを推進することにした。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。