Go to Contents Go to Navigation

韓国国会特別委 日本の歴史歪曲糾弾する決議採択

記事一覧 2015.04.10 10:30

【ソウル聯合ニュース】来年度から使用される日本の中学校教科書に独島の領有権主張や古代史を歪曲(わいきょく)する内容が入ったことを受け、韓国国会の東北アジア歴史歪曲対策特別委員会は10日の全体会議で、「安倍政権の独島領有権侵奪および古代史歪曲に対する糾弾決議案」を採択した。

 特別委は決議で、「日本政府が韓国の領土主権を侵害し、歴史を捏造(ねつぞう)する度重なる挑発行為を強く糾弾する」と非難。歪曲・捏造された教科書問題は現在の世代だけではなく、韓日の未来世代の対立を招くとし、深刻な憂慮を表明した。

 日本の文化庁が朝鮮半島三国時代の韓国文化財の一部を「任那時代」のものと説明したについても言及し、日本政府に反省と訂正を求めた。

 韓国政府に対しても、日本政府に再発防止を強く求めるよう促した。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。