Go to Contents Go to Navigation

産経前ソウル支局長が帰国の途に 出国禁止解除受け

記事一覧 2015.04.14 17:21

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の名誉を毀損(きそん)したとして在宅起訴された産経新聞の加藤達也前ソウル支局長が14日午後、出国禁止措置の解除を受け、日本に向け出国した。

 ソウル中央地検は同日午前、弁護士を通じ、加藤氏に出国禁止措置の解除を伝えた。

 加藤氏は昨年8月に同措置が取られ、出国できない状態が続いていた。今年2月、出国禁止措置の延長は違法だとして執行停止を求める仮処分を申し立てたが、ソウル行政裁判所に棄却された。

 検察側はこれまでの公判で証拠資料の捜査と主要争点に対する整理が終わり、出国を認めることを決めたと説明した。また、年老いた母や家族と8カ月間、離れていることなども踏まえ、人道的な観点で配慮したと強調した。

 加藤氏は次回公判が開かれる20日に合わせて再び訪韓する予定。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。