Go to Contents Go to Navigation

「歴史問題で日本の努力促している」 米大使が襲撃後初の講演

記事一覧 2015.04.15 10:51
日本大使館前で警備強化訓練

【ソウル聯合ニュース】先月、講演会会場で男に刃物で襲われ大けがを負ったリッパート駐韓米国大使が15日、韓国国防研究院主催の国防フォーラムで襲撃事件後初めて公開講演を行った。講演でリッパート氏は旧日本軍の慰安婦問題など、韓国と日本の歴史認識をめぐる対立について、「米国は日本政府に対し、和解に向けた発言や努力が行われるよう促している」と述べた。

笑顔で退院会見

 リッパート氏は「米国は公式の仲介役をしているわけではなく、満足できる解決策を見つけるよう促す役割を果たすのみ」と説明。「多くの協力が3カ国間で行われることを期待する」と強調した。

無言のまま

 北朝鮮問題については、「住民の人権保護、非核化に向けた具体的な措置が続くと、米国をはじめとする国際社会との関係改善や平和繁栄の道を進むことができる」と述べた。ただ、「こうした措置がないと国際社会の批判と孤立がさらに強まるだろう」と警告した。その上で、「非核化につながる会談に応じる姿勢があることを必ずみせなければならない」と指摘した。

徹底した捜査を約束

 韓米の同盟関係に関しては「いつにも増して良い」として、「韓米関係の発展は朝鮮半島だけでなく、世界の利害関係の向上にも重要な手段」と強調した。韓国政府が対中関係を重視しているとの見方については、「ゼロサム、あるいは2国(米国と中国)が競争しているとはみていない。韓中関係が良いことを望んでいる」との認識を示した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。