Go to Contents Go to Navigation

サムスンのスマホ アップル引き離し世界シェア首位

記事一覧 2015.04.17 10:42
サムスンがミラノで特別展示会

【ソウル聯合ニュース】1~3月期の世界スマートフォン市場でサムスン電子のシェア(出荷台数基準)が27.8%を記録し、ライバルの米アップル(19.9%)を7.9ポイント上回った。

 半導体関連情報サイトのDRAMエクスチェンジは17日までに、2015年1~3月期のスマートフォン市場シェア順位をサムスン(27.8%)、アップル(19.9%)、華為技術(ファーウェイ、7.0%)、LG電子(6.2%)、聯想(レノボ、6.0%)と集計した。

量子ドットTV 先月1200台販売

 1~3月期の世界のスマートフォン出荷台数は前期比9.2%減の2億9120万台だった。

 サムスンは昨年10~12月期(24.7%)よりシェアを3.1ポイント拡大させたが、アップルは3.3ポイント下落した。

サムスン NYで新製品発表会

 また、昨年10~12月期はサムスンがアップルを1.5ポイント差でわずかに上回っていたが、今年1~3月期にはその差が7.9ポイントに広がった。

 同サイトは4~6月期にサムスンが8000万台、アップルが4500万台のスマートフォンを出荷すると予想した。予想通りであれば、サムスンの最新スマートフォン「ギャラクシーS6」と「ギャラクシーS6エッジ」の発売効果が表れる4~6月期に、サムスンがアップルに約2倍の差をつけるとみられる。

 新型スマートフォン「G4」の発売を控えるLGは、昨年10~12月期(5.3%)よりシェアを0.9ポイント拡大し、5位から4位に順位を上げた。

 同サイトは、1~3月期は中国市場が不調だったが、LGは米国や欧州市場に注力したため、特に影響はなかったと分析した。出荷台数は1800万台とされる。

 一方、レノボは昨年10~12月期の3位から5位に順位を下げ、ファーウェイが3位に浮上した。

「ギャラクシーS6」

 中国市場だけを見ると、ファーウェイ、レノボ、小米(シャオミ)、TCL集団、宇竜計算機通信科技(クールパッド)と1~5位を中国メーカーが占めた。

  sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。