Go to Contents Go to Navigation

米大使に懸念示す 安倍首相の歴史認識で=韓国国会委員長

記事一覧 2015.04.21 16:42

【ソウル聯合ニュース】韓国国会の外交統一委員会の羅卿ウォン(ナ・ギョンウォン)委員長は21日、国会でリッパート駐韓米国大使と非公開で会談し、安倍晋三首相の歴史認識について懸念を示した。

 安倍首相は29日に予定されている米上下両院合同会議での演説で、過去の植民地支配など歴史問題について謝罪しないと予想され、韓国や米国で懸念の声が上がっている。羅氏は「安倍首相の歴史認識が心配だ」として、「米政府も関心を持ってほしい」と呼び掛けたという。

 これに対し、リッパート氏は「意見に同意する。米国も演説に対する韓国の憂慮を十分認識している」として、強固な両国の協力関係を維持する考えを示したという。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。