Go to Contents Go to Navigation

韓国のSKハイニックス 昨年半導体世界4位に浮上

記事一覧 2015.04.22 09:10

【ソウル聯合ニュース】韓国のSKハイニックスが半導体業界で世界4位に浮上した。

 米調査会社IHSテクノロジーは22日までに、SKハイニックスの昨年の売上高を161億1300万ドル(1兆9280億円)と集計した。SKハイニックスは米マイクロン・テクノロジー(買収したエルピーダメモリ含む)の161億1000万ドルをわずかながら上回り、前年の5位から順位を一つ上げた。

 また、売上高の増加率は25.8%と、トップ10位企業の中では台湾の聯発科技(メディアテック、53.6%増)に次ぐ伸びとなった。

 SKハイニックスはDRAM(記憶保持動作が必要な随時書き込み読み出しメモリー)などメモリー市場ですでに世界2位だが、半導体全体としては2010年6位、2011年8位、2012年6位、2013年5位と推移。昨年初めて4位を記録した。

 昨年の半導体世界首位はインテルで、シェアは14.1%。2位のサムスンは10.7%で、インテルとの開きを3ポイント台に縮めた。インテルの売上高が6.3%増にとどまったのに対し、サムスンは14.9%増加した。3位は米クアルコムだった。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。