Go to Contents Go to Navigation

韓国漁船を日本当局が拿捕 漁獲量過少申告の疑い

記事一覧 2015.04.26 10:59

【ソウル聯合ニュース】韓国の済州漁業管理事務所は26日、日本の排他的経済水域(EEZ)で操業していたはえ縄船(29トン、乗組員10人)が漁獲量の過少申告の疑いで、日本水産庁の漁業取締船に拿捕(だほ)されたと明らかにした。

 25日午後11時30分過ぎ、済州島の南東303キロの海上で、漁獲量を実際より約165キロ少なく申告した容疑。担保金として300万円を支払えば、26日午後にも釈放されるという。

 済州漁業管理事務所のクォン・ヨンチョル所長は「日本のEEZで操業するときは100~200キロの漁獲量過少申告でも拿捕されるので、重量の管理に気をつけなければならない」と呼び掛けた。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。