Go to Contents Go to Navigation

朴大統領が過労でダウン 胃けいれんと咽頭炎で絶対安静

記事一覧 2015.04.27 11:13

【ソウル聯合ニュース】南米4カ国歴訪を終え27日早朝に帰国した韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は、過労による慢性疲労から胃けいれんと咽頭炎の症状がみられ、1~2日間の絶対安静が必要と診断された。青瓦台(大統領府)の閔庚旭(ミン・ギョンウク)報道官が記者会見で発表した。

 閔報道官によると朴大統領は歴訪中、腹痛と微熱が続いていた。検査の結果、胃けいれんによる腹痛と、咽頭炎による微熱と診断され、「全体的に健康状態は非常に良くない」という。

 朴大統領は28日の閣議に出席できないとみられる。裏金疑惑を受けて辞意を表明した李完九(イ・ワング)首相の辞表の受理も遅れる可能性がある。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。