Go to Contents Go to Navigation

韓国首相が辞任 「真実は必ず明らかになる」

記事一覧 2015.04.27 19:14
辞意表明した李首相
李首相 遺族反対で合同焼香所に入れず

【ソウル聯合ニュース】裏金疑惑を受けて辞意を表明した李完九(イ・ワング)首相の離任式が27日、政府ソウル庁舎で行われた。

 李首相は離任式で「最近の状況について、国民の皆様に多くの心配をおかけしたことを非常に申し訳ないと考えている。短い期間、最善を尽くしたが、与えられた任務を全うすることができず、離職することになり非常に残念だ。すべき仕事を皆さんに残して行くことになり気が重い」と話した。

李首相 現金授受を否定

 また、「申し上げたいことは多々あるが、真実は必ず明らかになると信じ、今日は余白を残して去ることにする」との立場を示した上で、国民に対し再び謝罪した。

新首相が初閣議「公務員は綱紀徹底を」

 自殺した建設会社の前会長、成完鍾(ソン・ワンジョン)氏が朴槿恵(パク・クネ)大統領の側近ら有力政治家に裏金を渡したとの疑惑をめぐり、李首相についても2013年の国会議員選挙に出馬した際、成氏から3000万ウォン(330万円)を受け取ったとの疑惑が浮上。朴大統領は27日、辞意を表明していた李首相の辞表を受理した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。