Go to Contents Go to Navigation

キム・ヨナ 被災児支援に10万ドル寄付=ネパール大地震

記事一覧 2015.04.28 15:10
平昌冬季五輪まであと3年
キム・ヨナさん 平昌五輪の広報大使に

【ソウル聯合ニュース】バンクーバー冬季五輪フィギュアスケート女子金メダリストでソチ冬季五輪を最後に現役を引退したキム・ヨナさんが、25日に起きた大地震で被災したネパールの児童のため、国連児童基金(ユニセフ)韓国委員会に10万ドル(約1200万円)を寄付した。同委員会が28日に伝えた。寄付金は被災児のための栄養、衛生、保健、保護事業などに充てられる。

 ユニセフ親善大使を務めるキムさんは27日、自身のツイッター(短文投稿サイト)に「ユニセフは地震で苦しんでいるネパールの子どもたちを手助けしている」と書き込み、ユニセフ韓国委員会の寄付募集サイトを紹介。被災児の支援に積極的に賛同している。

キム・ヨナとW杯応援

 キムさんは2010年1月にハイチで起きた地震の被災地に1億ウォン(現在のレートで約1100万円)を寄付し、11年3月の東日本大震災の際にも被災児を支援した。また、昨年4月の韓国旅客船「セウォル号」沈没事故を受け犠牲者と遺族のため1億ウォンを寄付した。

キム・ヨナ ファッション誌表紙に

stomo@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。