Go to Contents Go to Navigation

韓国・全州市の有志 慰安婦少女像建立を推進

記事一覧 2015.04.28 16:23

【全州聯合ニュース】韓国南西部の全羅北道全州市で、旧日本軍の慰安婦を象徴する「平和の少女像」の建立に向けた市民運動が展開される。平和の少女像建立市民推進委員会が28日、同市で記者会見を開き明らかにした。

 同委員会は「平和の少女像は慰安婦被害者の痛みと願いを象徴する。日本政府の省察と責任を促す意味で建てることにした」と説明した。

 今後5000人の推進委員を募集し、建立費は募金で集める。像は光復(日本による植民地支配からの解放)70周年の8月15日までの完成を目標に同市の豊南門広場に建てる計画だという。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。