Go to Contents Go to Navigation

ネパールへの緊急救援隊 54人に拡大=韓国政府

記事一覧 2015.04.29 19:47

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は29日、大地震で甚大な被害を受けたネパールに54人の緊急救援隊を派遣する方針を決めた。当初は40人を派遣する予定だったが、医療スタッフの人数を増やした。

 緊急救援隊のうち、捜索救助チーム10人は27日に派遣されており、医療チームなど32人は来月1日に現地に向かう。

 救援隊32人は探索救助チーム15人、医療チーム15人、支援チーム2人で構成され、救助犬2頭も共に派遣される。来月1日派遣される医療チームの活動(約10日)が終了すれば、交替する10人の医療チームと2人の支援チームがネパールに向かう。

 また政府は、緊急支援を表明した100万ドル(約1億2000万円)のうち50万ドルは、ネパール政府と国連側の要請を受け、テントや毛布などの物資を支援することを決めた。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。