Go to Contents Go to Navigation

韓国国会委 非難決議を採択=日本の世界遺産登録推進に

記事一覧 2015.05.04 13:07

【ソウル聯合ニュース】韓国国会の外交統一委員会は4日、日本政府が植民地支配時代に朝鮮人を強制徴用した施設の国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産登録を目指している動きを非難する決議を採択した。

 決議は日本が侵略の歴史を産業革命に美化して苦痛を受けた韓国国民を愚弄(ぐろう)したとし、日本政府の誠意ある反省と責任ある姿勢を求めた。

 また、日本側の世界遺産登録推進は北東アジアの平和と安定に否定的な影響を与える外交的挑発行為と指摘した。

 日本政府は「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域」(23施設)の世界文化遺産登録を推進している。韓国外交部が国会の東北アジア歴史歪曲(わいきょく)対策特別委員会に提出した資料によると、23施設中、7施設には日本による植民地時代に朝鮮人5万7900人が強制動員された。韓国政府は世界遺産登録を目指している日本側の動きに対し、人類の普遍的価値を持つ世界遺産を保護するという世界遺産条約の基本精神に反すると反対している。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。