Go to Contents Go to Navigation

世界遺産登録問題 「日本がユネスコを政治化」=韓国政府

記事一覧 2015.05.07 16:50

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の魯光鎰(ノ・グァンイル)報道官は7日の定例会見で、「明治日本の産業革命遺産」(全23施設)の国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産登録問題をめぐり日本とあつれきが生じていることについて、「(日本が)登録を強行し、問題をここまでこじらせた」として、「ユネスコを政治化した責任は日本にある」と指摘した。

 韓国外交部によると、23施設中、7施設には日本による植民地時代に計5万7900人の朝鮮人が強制動員された。

 魯報道官は同問題をめぐり、日本との協議を推進しているとした上で、「大多数の(世界遺産委員会の)委員国は韓日の激しい対立でユネスコが政治化することを懸念し、協議を通じた円満な解決を望んでいることを勘案した」と説明。「われわれは柔軟な態度で問題解決のため、努力していく方針」と述べた。

 一方、世界遺産暫定リストに掲載されている「金を中心とする佐渡鉱山の遺産群」(新潟県)の鉱山でも朝鮮人が強制労働させられたとの報道について、「中日戦争以降、1000人ほどの朝鮮人が強制労働をさせられたと把握している」と明らかにした。ただ、鉱山の登録推進は現段階では分からないとして、登録推進の動きを引き続き注視すると述べた。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。