Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮軍 黄海のNLL付近で2日連続の砲撃訓練実施

記事一覧 2015.05.14 20:48

【ソウル聯合ニュース】韓国軍合同参謀本部は14日、北朝鮮軍が同日午後7時10分ごろから、前日に続き黄海上の軍事境界線にあたる北方限界線(NLL)付近の北側海域で砲撃訓練を開始したと明らかにした。これまでにNLLの南側に着弾した砲弾はないという。

 北朝鮮軍は13日にも午後9時から同10時25分ごろまで、NLLの北約2キロの海上で艦砲や海岸砲など約130発を発射した。

 北朝鮮軍が夜間に射撃訓練をするのは異例のことで、夜間作戦能力を強化するためとみられている。

 北朝鮮は13日午後、韓国に対し、同日午後3時から15日まで黄海の白ニョン島と延坪島付近のNLLの北側海域で砲射撃訓練を行うとの通告をしており、15日にも同じ海域で砲撃訓練を行い、武力示威を続ける可能性が高いとみられる。

 韓国軍合同参謀本部は「強力な対応態勢を維持し、北の軍の動向を注視している」としている。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。