Go to Contents Go to Navigation

韓国環境団体 日本のWTO提訴に反発=水産物輸入規制

記事一覧 2015.05.22 14:16

【ソウル聯合ニュース】韓国が日本産の一部水産物の輸入を禁じていることに対し、日本政府が世界貿易機関(WTO)への提訴に向けた手続きに入ったことを受け、韓国の環境団体が反発を強めている。

 環境運動連合や市民放射能監視センターなど10の環境団体は22日、ソウルの日本大使館前で記者会見し「日本政府はWTOへの提訴の手続きを中止し、まずは福島の放射能汚染問題をきちんと解決せよ」と訴えた。

 韓国は福島第1原発事故を受け、2013年9月から福島など8県産の全ての水産物について輸入を禁じている。日本政府は21日、この規制は不当だとして、WTOの紛争解決手続きに基づく2国間協議を韓国に要請した。

 環境団体は、原発事故の収拾が終わっておらず、日本では今でも農水産物や食品から放射性物質が検出されていると指摘。「日本はWTOに提訴する資格はない」「国民の健康を守るための最低限の措置をWTOに提訴するのは、共に被害を受けた隣国に対する非礼だ」などと主張した。

 団体側はこうした内容の書簡を日本大使館に送付する計画だ。

stomo@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。